看護師

誰もが憧れるボディになりたいなら脂肪吸引手術を受けてみよう

ストレスを抱えない

ドクター

脂肪吸引手術を行なった後は腫れやむくみが出てくるので、すぐに元の生活を送るようになるまで時間がかかってしまうはずです。しかし、「どのような日常生活を送っているのか」「仕事はどのようなことをしているのか」によって自分に合った最適な過ごし方が変わってくるでしょう。また、そのような情報を把握しておけば、必要な休み日数や手術を受ける時期などが判断できるので、興味があるなら調べておきましょう。まず、デスクワークの人から紹介していきます。デスクワークだと仕事特有のダウンタイムはあまりないのですが、脂肪吸引後だとお風呂に入れるようになるまで3日かかるので、その間はお休みをとったほうがよさそうです。また仕事中は椅子に座っているので辛いことはありませんが、通勤する際にもし交通機関が満員だと身動きがとれないですし、自転車を利用している場合は痛みが生じていつも通りに動けないはずなので、出勤時間をいつもより早めたりしましょう。また、学生でも脂肪吸引を受ける人がとても多いようですが、その場合は長期休みの時期に受けてみるといいでしょう。それだと休んで単位がとれないという問題も起きません。また、出席に厳しくない学校だと休む人もいるようですが、欠席できない実習や試験がある時期に手術を受けるのは必ず避けましょう。ダウンタイムを快適に過ごすためにも、痛み止めを使ってみるのも1つの手です。我慢をしておくと逆に身体に負担をかけてしまいますし、ストレスを抱えてしまうでしょう。痛み止めには飲み薬以外にもテープ式や座薬タイプもありますので、自分が服用しやすいような方法を選びましょう。また、手術後2週間ほど水分とタンパク質の補給をしっかりと行なうようにするといいです。なぜなら、脂肪吸引手術後だと体温が上がりすぎて身体の水分が蒸発し、水分不足を引き起こしてしまう可能性があるからです。以上を踏まえた上で脂肪吸引手術を行ないましょう。